LEARNING ENGLISH, Oxford Reading Tree

【ORT Level 1+】#14 Floppy’s Bone のお話。

Floppy's Bone ort

どんなに英語を学習をしても、うまく成果が見えず「何をしていいかわからない」という気持ちになったことはありませんか。 読めば読むほど英語が身に付く英語多読は、そんなあなたの悩みを全て解決します。 今回は、Oxford Reading Tree の『Floppy’s Bone』 をご紹介をします。

ORT Level 1+: Floppy’s Bone

ブックバンド: ピンク 
ページ数:16 pages
語数:58 words
時間:約2分
主人公:フロッピー
登場人物:ママ パパ ビフ  チップ

⭐️ブックバンドについて…イギリスの学校では、本のレベルを表すためにブックバンドが使われています。ORTの絵本には、それぞれの絵本の裏にブックバンドのカラーをつけることで、絵本のレベルが分かるようになっています。

ojachan BOOK レビュー

面白さ★★★★★
学習効果★★★★★
知識関心★★★★★
異文化理解★★★★

面白さ・・・ストーリーの意外性や内容の面白さを評価

学習効果・・・文法や語彙、表現について学べ実際に使えそうかを評価

知識関心・・・科学的な好奇心や興味関心を向上するような内容かを評価

異文化理解・・・イギリスと日本の文化的な違いを学べたかを評価

すべての評価は、ojachan の個人的な見解に基づきます。

お話の内容

Floppy’s Bone
Oxford Reading Tree
 英語多読
Oxford Reading Tree より

フロッピーが寝ていると、ある1匹の犬がやってきます。その犬は、フロッピーの大好きなホネを持ち去ってしまいました。それに気づいたフロッピーは、取り返すべく、その犬を必死に追いかけます。ママの家事やパパの趣味、子供たちの遊びもどんどん巻き込んで、その犬を追いかけて行って・・・。さぁ、フロッピーはホネを取り返すことができたのでしょうか。

感想

フロッピーの話は、いつでも声を上げて笑っちゃうくらい面白いです!今回は、ページの始まりからワクワクしながら、あっという間に読んでしまいました。前回からページ数も多くなり、ストーリーは客観的な視点で進んでいきます。文法は、命令文と過去形がメインですが、過去の動詞をガッツリこの絵本で学ぶことができます。ran after】のイディオムは、今日からバッチリ使えそうです!使うたびにフロッピーを思い出しちゃいそうです。大事なものを取られた気持ちって、犬も人間も一緒ですよね。笑 フロッピーの必死さが伝わる内容で、このお話は今までの中で、一番気に入りました!もう一回読もうっと♪

Focus Grammar

文法Level:命令文 一般動詞過去
文法内容:中1レベル 英検5級

オックスフォード・リーディング・ツリー トランクパックA

楽天レビュー:★★★★★

レベル:ステージ1~4

絵本の冊数:30冊セット

付属:CD5枚 日本語ガイド5冊

送料:無料

著者:Roderick Hunt / Alex Brychta

出版:Oxford University Press (Japan) Ltd. (2011)

Key Phrases

Floppy ran after the dog.
フロッピーはその犬を追いかけました。
Come back!
戻ってきて!
A dog took the bone.
ある犬がホネを取りました。

Vocabulary Words

Focus words:22 words
English品詞日本語
back動詞戻る
ran動詞 (過去)走った
bone名詞
took動詞 (過去)取った
come動詞来る
ate動詞 (過去)食べた

Floppy’s Bone Quiz

指差しをして言ってみましょう。

Basic

What is this?
これは何ですか。
Bone!
ホネ!
Who is this?
これは誰ですか。
Floppy!
フロッピー!

Intermediate

What did Floppy do when his bone was taken by the dog?
フロッピーはホネをその犬に取られたとき、どうしましたか。
He ran after the dog. 
フロッピーはその犬を追いかけました。
What did Mum say in this page?
ママはこのページで何と言いまいたか。
She said “come back!”.
彼女は、「戻ってきて!」と言いました。

Advanced

What was Mum doing at that time?
ママはその時何をしていましたか。
She was doing laundry.
ママは洗濯をしていました。
Why did Floppy run after the dog?
どうしてフロッピーはその犬を追いかけましたか。
Because he wanted to get his bone back.
なぜなら、フロッピーはホネを取り返したかったからです。

英語をシャドウイングして、読んでみましょう。

Floppy’s Bone Game

英語で おにごっこしてみましょう。

準備:ボール1個
タイム制限: 5分
人数:3人以上
場所:公園など広い場所
対象:小学生以上

■ルール

  1. ジャンケンでフロッピー(オニ)を決めてください。
  2. 犬 (プレーヤー) はフロッピーにわからないようにボールを隠し持ってください。
  3. 犬は、ボールを持ってフロッピーに捕まらないように逃げてください。
  4. ボールを取られないように、同じプレーヤーにパスしましょう。
  5. フロッピーにタッチされた犬は、フロッピーの仲間になります。
  6. 仲間を応援するときは、”run after him / her !” を使いましょう。
  7. 5分以内にボールを取り返せば、フロッピーの勝ちです。

私のORT900冊の挑戦!

ORTを読んでいる、またこれから読みたいなと思っているあなたに、 900冊あるうち、Oxford Reading Tree シリーズの中から1話ごとに、効果的な英語学習ができるようご紹介いたします。

【英語多読】については、こちらを読んでみてください。

一緒に、ORTでネイティブの子供たちのように、英語を学習しませんか。

次回のお話は; 前回のお話は ; こちらをクリック!

【ORT Level 1+】#15 The Box of Treasure のお話。

前回のお話は ; こちらをクリック!

【ORT Level 1+】#12 The Sandcastle のお話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です