LEARNING ENGLISH, Oxford Reading Tree

【ORT Level 1+】#15 The Box of Treasure のお話。

the box of treasure ort

どんなに英語を学習をしても、うまく成果が見えず「何をしていいかわからない」という気持ちになったことはありませんか。 読めば読むほど英語が身に付く英語多読は、そんなあなたの悩みを解決します。 今回は、Oxford Reading Tree の『The Box of Treasure』 をご紹介をします。

ORT Level 1+:The Box of Treasure

ブックバンド: ピンク 
ページ数:16 pages
語数:55 words
フォニックス:フォニックス対応
時間:約2分
主人公:パパ
登場人物:ママ キッパー ビフ  チップ

ojachan BOOK レビュー

面白さ  ★★★★★
学習効果 ★★★★★
知識関心 ★★★★★
異文化理解★★★★★

面白さ・・・ストーリーの意外性や内容の面白さを評価

学習効果・・・文法や語彙、表現について学べ実際に使えそうかを評価

知識関心・・・科学的な好奇心や興味関心を向上するような内容かを評価

異文化理解・・・イギリスと日本の文化的な違いを学べたかを評価

すべての評価は、ojachan の個人的な見解に基づきます。

⭐️ブックバンドについて…イギリスの学校では、本のレベルを表すためにブックバンドが使われています。ORTの絵本には、それぞれの絵本の裏にブックバンドのカラーをつけることで、絵本のレベルが分かるようになっています。

お話の内容

The Box of Treasure
Oxford Reading Tree
英語多読
Oxford Reading Tree より

パパとママはビーチで何かたくらんでいるようです。パパは手作りの地図を、ママは宝箱を砂の中に埋めます。その後、子供たちが砂の中から、宝の地図を発見しました!パパとママは知らないふりをして、子供たちの宝探しを見守ります。子供たちはワクワクして、宝箱を探していきます。さぁ、宝箱の中には何が入っていたのでしょうか。

The Box of Treasure 感想

今回は、海で遊べる楽しいレジャーのお話でしたね。「うわぁ、なんて素敵なお父さんとお母さんだ!」と感心してしまいました。こんなことされたら、もう子供たちはワクワクして仕方がありませんね!パパの力作【宝の地図】も、結構リアルに作ってあり、ママも楽しそうです。

文法的には難しくありません。ストーリー全体として、一般動詞の過去形で進んでいきますが、会話文の中は現在形ということをぜひ注意深くみてみて下さい。また、フォニックスも文中に登場するので、一緒に学習できます。

人を喜ばせる計画は、どんなことでも楽しいものです。きっと子供たちもパパとママも楽しい時間を過ごせたに違いありません。私もこんな遊び心のある大人になりたいものです。

Focus Grammar

文法Level:命令文 一般動詞現在 一般動詞過去
文法内容:中1レベル 英検5級

オックスフォード・リーディング・ツリー トランクパックA

楽天レビュー:★★★★★

レベル:ステージ1~4

絵本の冊数:30冊セット

付属:CD5枚 日本語ガイド5冊

送料:無料

著者:Roderick Hunt / Alex Brychta

出版:Oxford University Press (Japan) Ltd. (2011)

Key Phrases

Biff found the map.
ビフは地図を見つけました。
Dig here!
ここ掘って!

Vocabulary Words

語数:23 words
English品詞日本語
map名詞地図
hid動詞(過去)隠した
dig動詞掘る
dug動詞(過去)堀った
found動詞(過去)見つけた
treasure名詞宝箱

The Box of Treasure Quiz

指差しをして言ってみましょう。

Basic

What is this?
これは何ですか。
Map!
地図!
Who is this?
これは誰ですか。
Dad!
パパ!

Intermediate

What did Biff find?
ビフは何を見つけましたか。
He found the map.
ビフは地図を見つけました。
What did Biff tell to Chip on page 8?
8ページで、ビフ はチップに何と言いましたか。
Dig here!
ここを掘って!

Advanced

What did the map tell children to do?
地図は子供たちは何するように言いましたか。
It told them to dig in the sand.
砂の中を掘るように言いました。
Why did children want to dig in the sand?
どうして子供たちは砂の中を掘りたかったのですか。
Because they wanted to dig the treasure box out.
なぜなら、みんなは宝箱を掘り出したかったからです。

英語をシャドウイングして、読んでみましょう。

The Box of Treasure Activity

英語で宝の地図を作りましょう。

準備:紙 色鉛筆など
タイトル:Treasure Map 
絵:場所の絵と宝箱の場所を描きましょう。
内容:Treasure (数) places west from the (場所). Dig here! -Captain Hook
日本語訳:宝は(場所)から 西へ(数)歩の場所です。フック船長より。

私のORT300冊の挑戦!

ORTを読んでいる、またこれから読みたいなと思っているあなたに、 900冊あるうち、Oxford Reading Tree シリーズの中から1話ごとに、効果的な英語学習ができるようご紹介いたします。

【英語多読】については、こちらを読んでみてください。

一緒に、ORTでネイティブの子供たちのように、英語を学習しませんか。

次回のお話は; こちらをクリック!

【ORT Level 1+】#16 Hook a Duck のお話。

前回のお話は ; こちらをクリック!

【ORT Level 1+】#14 Floppy’s Bone のお話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です