LEARNING ENGLISH, Oxford Reading Tree

【ORT Level 1+】#29 Good Old Mum のお話。

Good Old Mum Oxford Reading Tree

どんなに英語を学習をしても、うまく成果が見えず何をしていいかわからないという気持ちになったことはありませんか。読めば読むほど英語が身に付く英語多読は、そんなあなたの悩みを全て解決します。今回は、Oxford Reading Tree の Good Old Mum  をご紹介をします。

ORT Level 1+:Good Old Mum


ブックバンド: ピンク 
レベル:Stage 1+ Patterned Stories
ページ数:12 pages
語数:35 words
テーマ:~を着る
フォニックス:×
時間:約2分
主人公:ママ
登場人物:キッパー フロッピー

⭐️ブックバンドについて…イギリスの学校では、本のレベルを表すためにブックバンドが使われています。ORTの絵本には、それぞれの絵本の裏にブックバンドのカラーをつけることで、絵本のレベルが分かるようになっています。

お話の内容

Good Old Mum ORT
Oxford Reading Tree “good Old Mum”より

ママは、ある仮装ショップを訪れます。そこで手に入れたのは、赤いボール・まゆげ・ひげ。ママがお家にある物も使ってどんどん変身していく間、キッパー とフロッピーは興味深そうにママの変身していく姿を見ています。キッパー とフロッピーも着替えを済ませて、さぁ、いざパーティーへ!みんな、どんな姿になったのかな。

ojachan BOOK レビュー

総合   ★★★★★
面白さ  ★★★★★
学習効果 ★★★★★
難易度  ★★★★★
異文化理解★★★★★

面白さ・・・ストーリーの意外性や内容の面白さを評価

学習効果・・・文法や語彙、表現について学べ実際に使えそうかを評価

難易度・・・Oxfordが想定する対象年齢と初級英語学習者が感じる難易度を評価

知識関心・・・科学的な好奇心や興味関心を向上するような内容かを評価

異文化理解・・・イギリスと日本の文化的な違いを学べたかを評価

すべての評価は、ojachan の個人的な見解に基づきます。

ojachanの感想

今回のテーマは、「身につけるですね!これがママの本気だ!というものを見せつけられました。

しかし、まず、タイトルでつまづく・・・。😐笑  “Good Old Mumがよくわからない~。😱 ネイティブの皆さんがまたまた教えてくれたので、キーフレーズで解説します。

確かに勉強になってます。教科書や、文法、参考書、学校では習わない表現がたくさん。英語多読を絵本から始めたのは、間違いない!👏

絵本の途中に出てくるキッパー とフロッピーの表情がかなり面白かった。いい顔してます。😐🐶

真似してみよう・・・笑

文法的には、一般動詞の過去形だけなので難しくありません。【put on ~ 】を繰り返し学習することができます。さらに、顔の毛?ついて名詞をいくつか学習できますよ。

ママのまくらを使ったアイディアのこだわりが素晴らしいと思いました。こんな仮装は見たことがない!

キッパーは、普通に違和感なく、フロッピーも表情がとても不満そうですが、よく似合ってます。😅👍笑

どんなことにも、一生懸命取り組むママの姿がとても素敵な作品でした。

文法レベル

文法内容:一般動詞過去
文法レベル:中1レベル 英検5級

キーフレーズ

① Good old (someone)

Good Old Mum.
さすが、ママ。

では、早速【Good old ~】について解説していきましょう。

日本語訳は、「素敵な~」「さすが~」となります。

これを読んでいるあなたも疑問に思ったかもしれません。少なくとも、わたしは思いました!爆

Good old????

文字通りには訳さないと、元塾講師であるわたしも、英語ビギナーの人にも明らかですね。違和感ありまくりです。

【good old】といえば、思いつくのが【good old days】を聞いたことがあるという方もいるのではないでしょうか。

これは、「古き良き時代」という訳の「懐かしむ」イメージの連語なのですが、例えこれをこのタイトルに当てはめても、なんかしっくりこないんですよね。

そこで、ネイティブの皆さんに教えてもらうと・・・。

【good old days】と同じような意味です。もっと方言的で、イギリスではとてもカジュアルによく使われます。もちろん文字通りの意味で「古い人」という意味にはなりません。そのタイトルは、「私のママは良い人です。」という意味です。

かなり難しい訳ですよね。この訳は、「さすが、お母さん」もしくは、「いつも通りのお母さん」という意味で、お母さんの行動や考え方は、「とてもお母さんらしい」という意味です。【good old】は文脈から判断した方がいい。

なるほど!なんとなく文化的な側面が濃い表現のようです。

でも、とてもわかりやすい回答を、皆さんありがとうございます!

大変、勉強になりました。

② 身につける【put on】

Mum put on a big red nose.
ママは大きな赤い鼻をつけました。
でも、【put】って現在形も、過去形も同じ単語ですよね。じゃ、一体どうやって判断してるの?

それは、まず主語を確認します。【Mum】なので、現在形であれば、人称によって、その後の動詞の活用が【puts】に変わるはずです。ちなみに、主語が【I】場合は、残念ながらわかりません。そういう時は、ストーリー全体から判断するしかないんです。

他にも「身につける・着る」の表現を一緒に覚えましょう。

English日本語
wear ≈ dress in ~ ~を着ている(状態)
put on ~ ~を着る(動作) /  ~を身につける
get dress ~を着る(動作)/ 身支度する
get into ~ ~(無理やり)着る
try (sth) on ~を試着する

ここで最も個人的によく使うのは、 get dress 】です。

【wear】はみんなが知っている単語ですが、それは「服を着ている状態・様子」を表し、たいてい、客観的に見た自分以外の人に使います。

単純に「服着て!」や「服を着る」という動作の意味で自分や他人に使う場合は、【get dress】が通例だと思います。

【dress】というから男性に使えないということも全くなく、この場合の【dress】は「服」という意味ですね。

今回のORT重要単語

⭐️重要単語 は、表紙の裏側に記載されている新出語句を数えています。

Focus words : 12 words
English品詞日本語
red形容詞赤い
nose名詞
pillow名詞まくら
boots名詞ブーツ
eyebrows名詞眉毛
beard名詞ひげ

Oxford Reading Tree クイズ

Basic かんたん

Intermediate ふつう

Advanced 難しい

ヘアークイズ

私のORT900冊の挑戦!


ORTを読んでいる、またこれから読みたいなと思っているあなたに、 900冊あるうち、Oxford Reading Tree シリーズの中から1話ごとに、効果的な英語学習ができるようご紹介いたします。

【英語多読】については、こちらを読んでみてください。

一緒に、ORTでネイティブの子供たちのように、英語を学習しませんか。

次回のお話は; こちらをクリック!

【ORT Level 1+】#30 The Pet Shop のお話。

前回のお話は ; こちらをクリック!

【ORT Level 1+】#28 Push! のお話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です