LEARNING ENGLISH, Oxford Reading Tree

【ORT Level 1+】#40 The Trampoline のお話。

#40 the trampoline oxford reading tree

どんなに英語を学習をしても、うまく成果が見えず何をしていいかわからないという気持ちになったことはありませんか。読めば読むほど英語が身に付く英語多読は、そんなあなたの悩みを解決します。今回は、Oxford Reading Tree の The Trampoline  をご紹介をします。

ORT Level 1+:The Trampoline


the trampoline ORT
Oxford Reading “ The Trampoline ”より
ブックバンド: ピンク 
レベル:Biff, Chip and Kipper Level 1+ Decode and Develop
ページ数:12 pages
語数:47 words
テーマ:go + 前置詞一般動詞の過去形
フォニックス:
時間:約2分
主人公:ウィルマのパパ
登場人物:ウィルマ ウィルマのママ ウィルフ おじさん

⭐️ブックバンドについて…イギリスの学校では、本のレベルを表すためにブックバンドが使われています。ORTの絵本には、それぞれの絵本の裏にブックバンドのカラーをつけることで、絵本のレベルが分かるようになっています。

お話の内容

ウィルマとウイルフは、トランポリンを手に入れました。パパやママと一緒にトランポリンを庭で組み立てて、一緒に遊びます。周りにリスたちも集まってきているみたい。ウィルマとウィルフがトランポリンで遊んだ後、パパも挑戦。パパは上手に跳べたかな。

ojachanのBOOKレビュー★

総合   ★★★★★
面白さ  ★★★★★
学習効果 ★★★★★
難易度  ★★★★
知識関心 ★★★★★
異文化理解★★★★★

面白さ・・・ストーリーの意外性や内容の面白さを評価

学習効果・・・文法や語彙、表現について学べ実際に使えそうかを評価

難易度・・・Oxfordが想定する対象年齢と初級英語学習者が感じる難易度を評価

知識関心・・・科学的な好奇心や興味関心を向上するような内容かを評価

異文化理解・・・イギリスと日本の文化的な違いを学べたかを評価

すべての評価は、ojachan の個人的な見解に基づきます。

ojachanの感想

今回も、ウィルマ家👩🏾‍🦱のお話。日頃とは、違うキャラクターで新しい気持ちで読めました。でも正直、ストーリー自体はあまり面白くない(ごめんなさい)ですが、背景のリスの行動は見所だと思います。あっ、そうそう!あの「おじさん👴🏻と犬🐶」おじさんの後ろ姿が!でも、同じ人…?だって、あの「おじさんと犬」はキッパー家🏡の裏に住んでいる人のハズじゃ…。ま、いいか。

文法的には、難しい!これをLevel 1+で読むのは、難易度高いです。まぁ、イラストがあるので、英語がわからなくても、なんとなく理解できてしまいます。これが、絵本での英語多読の良さですね~。また、声に出して読めば、リズム感が良いセンテンスになっていることに気づくと思います。フォニックスがいっぱい隠れています。

今回も、作風が違うなぁと思い、作者を見てみると、やっぱりNick Schon(ニック・ショーン)さんの作画のようです。さらに、原作もRoderick Hunt(ロドリック・ハント)さんとAnnemarie Young(アンマリー・ヤン)さんの共作のようです。

そう言えば、どんだけ庭にリス🐿いるんだ。笑

文法内容

文法内容:一般動詞の過去形
文法レベル:中1レベル 英検4〜3級

Oxford Reading Tree: Level 1+: Decode and Develop: The Trampoline (英語)

Amazonレビュー:★★★★

レベル: Biff, Chip and Kipper Level 1+ Decode and Develop

絵本の冊数:1冊

著者:Roderick Hunt and Annemarie Young
作画:Alex Brychta and Nick Schon

出版:Oxford University Press, USA (2011/1/1)

キーフレーズ

⭐️絵本に合わせた意訳をしています。

1. 【go + 前置詞】の色んな表現

She went up and down.
ウィルマは上がったり、下がったりしました。

この場合、【 went 】「~移動する」という意味になります。【 go 】は、現在形も過去形、過去分詞全て違う不規則動詞です。

現在形過去形過去分詞
go
ゴー
went
ウェン(ト)
gone
ゴー

ここでは、色んな【 go + 前置詞】の表現を学んでいきましょう。

go back ゴーバァッ(ク) ~に戻る
I went back to his house.
わたしは家に戻りました。

go up ゴーアッ(プ) ~に上る ~を上がる
She went up the stairs.
彼女は階段を上りました。

go down ゴーダウン ~を降りる ~を下がる
They went down the mountain.
彼らは山を下りました。

go forward ゴーフォワー(ド) 前に進む
Please go forward slowly.
ゆっくり前へ進んでください。

go straight ゴーストレイ(ト) ~をまっすぐ進む
Go straight this way.
この道をまっすぐ行ってください。

go after ゴーアフター ~の後を追う
I went after him.
彼の後を追いました。

go along ゴーン(グ) 〜に沿って進む
I went along the canal.
運河に沿って進みました。

go around ゴーウン(ド) ~を回る 一周する
I went around the world.
世界一周しました。

go by ゴーバイ ~に立ち寄る ~を通り過ぎる
I went by the shop to buy the book.
本を買いに店へ立ち寄りました

go into ゴーイントゥ ~に入る
I went into the room.
わたしはその部屋に入りました

2. 色んな遊具を英語で言ってみよう

Dad got on the trampoline.
パパはトランポリンに乗りました。

trampoline は、日本語でも「トランポリン」です。では、「一輪車」は?

ここでは、お庭や運動場で使える遊具を英語で言ってみましょう。

日本語英語
一輪車unicycle
サイコゥ
自転車bicycle
コゥ
三輪車tricycle
コゥ
フラフープhula hoop
ープ
縄跳びjump rope
ジャンプープ
そりsleigh
(イ)
とび箱vault
ヴァウ(ト)

重要単語

⭐️重要単語 は、表紙の裏側に記載されている新出語句を数えています。

Focus words : 21 words

英語品詞日本語
had
動詞(過去形)持っていた
but
バッ(ト)
接続詞しかし
net
ッ(ト)
名詞あみ ネット
down
ウン
副詞下に
went
ウェン(ト)
動詞(過去形)行った
trampoline
ランポリン
名詞トランポリン

The Trampoline クイズ

Basic かんたん

Intermediate ふつう

Advanced むずかしい

私の英語多読300冊の挑戦!


ORTを読んでいる、またこれから読みたいなと思っているあなたに、 300冊あるOxford の絵本の シリーズの中から1話ごとに、効果的な英語学習ができるようご紹介いたします。

【英語多読】については、こちらを読んでみてください。

一緒に、ORTでネイティブの子供たちのように、英語を学習しませんか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

次回のオックスフォードリーディングツリーは:
【ORT Level 1+】#41 The Enormous Crab のお話。

前回のオックスフォードリーディングツリーは:
【ORT Level 1+】#40 The Trampoline のお話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です