LEARNING ENGLISH, Oxford Reading Tree

【ORT Level 1+】#39 In the Trolley

in the trolley oxford reading tree

どんなに英語を学習をしても、うまく成果が見えず「何をしていいかわからない」という気持ちになったことはありませんか。読めば読むほど英語が身に付く英語多読は、そんなあなたの悩みを解決します。今回は、Oxford Reading Tree の In the Trolley をご紹介をします。

ORT Level 1+:In the Trolley


In the Trolley ORT
Oxford Reading “ In the Trolley ”より
ブックバンド: ピンク 
レベル:Biff, Chip and Kipper Level 1+ Decode and Develop
ページ数:12 pages
語数:42 words
テーマ:put の使い方 いろんな商品
フォニックス:
時間:約2分
主人公:キッパー
登場人物:ママ

⭐️ブックバンドについて…イギリスの学校では、本のレベルを表すためにブックバンドが使われています。ORTの絵本には、それぞれの絵本の裏にブックバンドのカラーをつけることで、絵本のレベルが分かるようになっています。

お話の内容

ママとキッパーはスーパーへお買い物に行きます。ママが日用品の買い物をしている間、キッパーは大きなチョコエッグに気づきます。こっそりカートに入れて、うまくレジまで向かいますが・・・。果たして、キッパーはチョコエッグを手に入れることができたのかな。

ojachanのBOOKレビュー★

総合   ★★★★★
面白さ  ★★★★★
学習効果 ★★★★★
難易度  ★★★★★
知識関心 ★★★★★
異文化理解★★★★★

面白さ・・・ストーリーの意外性や内容の面白さを評価

学習効果・・・文法や語彙、表現について学べ実際に使えそうかを評価

難易度・・・Oxfordが想定する対象年齢と初級英語学習者が感じる難易度を評価

知識関心・・・科学的な好奇心や興味関心を向上するような内容かを評価

異文化理解・・・イギリスと日本の文化的な違いを学べたかを評価

すべての評価は、ojachan の個人的な見解に基づきます。

ojachanの感想

今回も、お買い物のお話でした。今回は、ママとキッパーがお買い物ですね。前回も、話したのですが、日本と海外のレジのシステムってかなり違うんですよ。日本は、レジに行って、カゴごと店員さんに渡したら、サービスの一つとして、全部やってくれるんですけど、海外のレジは、ベルトコンベアーにカゴの商品を自分で出して、並べないといけないんですよね。しかも、バーコードを通したものが先の机に全部たまっていくから大変!笑💦
キッパーも日本式のレジだったら、作戦はうまくいっただろうなぁ。笑😌

文法的には、過去形なので難しくありません。正直に、【 trolley 】が何か知りませんでした。イギリスならではの表現のようですね。英語多読のおかげで、また、一つ新しい単語を覚えることができました。同じ英語でも、国が違うんだから、同じじゃないですよね。やっぱり、言語は文化から生まれる

この絵のキッパーは少し成長して見えます。イラストが以前と比べて、整っていて上手くなっているように感じました。

文法内容

文法内容:一般動詞の過去形
文法レベル:中1レベル 英検4級

Oxford Reading Tree: Level 1+: Decode and Develop: In the Trolley (英語)

レベル: Biff, Chip and Kipper Level 1+ Decode and Develop

絵本の冊数:1冊

著者:Roderick Hunt / Alex Brychta

出版:Oxford University Press, USA (2011/1/1)

キーフレーズ

⭐️絵本に合わせた意訳をしています。

1.put は色んな使い方がある!

Mum put cans in the trolley.
ママはカートに缶詰を入れました。

この場合、【 put 】「~を入れる」という訳になります。【 put 】は、現在形も過去形も同じ発音です。

現在形過去形過去分詞
put
プッ(ト)
put
プッ(ト)
put
プッ(ト)

この【 put 】も【 get 】と同じように、シチュエーションによって色んな意味にとれる便利な動詞です。ぜひ、ここで覚えていきましょう。

①置く
I put the glass on the table.
わたしはテーブルにグラスを置きました。

②つける
I put the button on my jacket.
わたしはボタンをジャケットにつけました。

③入れる
I put milk and sugar in the coffee.
ミルクと砂糖をコーヒーに入れました。

④出す
Dad put the garbage out.
お父さんは外にゴミを出しました。

⑤上げる
Put your hands up!
を上げろ!

⑥(状態に)する
He put children at risk.
彼は子供たちを危険にさらしました。

⑦うちこむ
I put myself into the work.
仕事にうちこみました。

⑧書く
I put my name on the form.
わたしは申込書に名前を書きました。

⑨言い表す
I can’t put into words how much I love you.
あなたをどれだけ愛しているか言い表せない。

また、イギリスで【 trolley 】は、「ショッピングカート」という意味で使われます。

2. いろんなタイプの商品を英語で言ってみよう!

She put bags in the trolley.
ママはカートに袋を入れました。

この場合の【 bag 】は、買い物袋という意味ではなく、お菓子や小麦粉などの袋状の商品のことを意味します。絵本を見てもらえば、イラストがついているので、すぐにわかると思います。英語では、こういう袋状の商品を【 bag 】と表現します。

ここでは、色んなタイプ「商品」を英語で表現してみましょう。

日本語英語
商品product
ロダク(ト)
缶詰can
bag
バァッ(グ)
パック(お肉など)pack
パァッ(ク)
紙パック(牛乳など)carton
カァトゥン
box
バック(ス)
ペットボトルplastic bottle
スティッ(ク)バァトォ
びん(ワインなど)bottle
バァトォ
bin
びん(ジャムなど)jar
ジャァ

重要単語

⭐️重要単語 は、表紙の裏側に記載されている新出語句を数えています。

Focus words : 23 words

英語品詞日本語
see
スィー
動詞見る
she
シー
代名詞彼女は
went
ウェン(ト)
動詞(過去形)行った
saw
ソー
動詞(過去形)見た
egg
ッ(グ)
名詞
trolley
(ロ)ーリー
名詞ショッピングカート

買い物クイズ②

In the Trolley クイズ

Basic かんたん

Intermediate ふつう

Advanced むずかしい

私の英語多読900冊の挑戦!


ORTを読んでいる、またこれから読みたいなと思っているあなたに、 900冊あるOxford の絵本の シリーズの中から1話ごとに、効果的な英語学習ができるようご紹介いたします。

【英語多読】については、こちらを読んでみてください。

一緒に、ORTでネイティブの子供たちのように、英語を学習しませんか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

次回のお話は; こちらをクリック!

【ORT Level 1+】#40 The Trampoline のお話。

前回のお話は ; こちらをクリック!

【ORT Level 1+】#38 Catkin the Kitten のお話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です